2008年05月13日

転職回数での会社の判断

やはり、転職した回数は少ないほうがええのでっしゃろか。
必ずしもそうとは限りまへん。
新興系の成長企業では、転職の基準が比較的ゆるやかで、それほど気にされることはおまへん。
転職をした回数よりも、その人の成果や実績、ポテンシャル等をみる場合が多いようや。
職種によっても違おるけどダンはん、IT系、特にSEの方においては、現在需要(企業側)がエライに高く、それでいながら、供給(転職者)は少ないので、多少のことがたっても目をつぶって採用されるケースが多いように感じまんねん。
年齢が40代以降でならば5年おきに1社ずつ転職とういことでならば、多いと判断はされへんように感じまっけど、20代であればやはりネックになる可能性は大と思われまんねん。

転職回数4回あればもはや致命傷!?
では、もし現在あんはんが、4回以上転職をしとったのなら、どうすればよいのでっしゃろ。
面接担当者の考えとしては、なんぼなんでも自社で三年程度は勤務をするやろうかちう心配が出てくるはずや。
その場合には、転職理由がある程度もっともな理由やったり、貢献できる仕事の技量が能力面で十分なアピールが行なえることで転職回数の非を回避する事ができるかもしれまへん。
最悪、退職することになっても、年単位でしっかり働き、その間は十分に仕事に貢献できる事をアピールすることで納得してもらえるのや。
特に人事部の入社を希望する場合は、成功する人事の発掘できる技量があるかをその場で判断するのは、エライ難しくなるんや。
やので、早期の退社やらなんやらを減点対象とする仕事では、目立ちやすいちうこともあり、どうしても、リスク回避型の考えにならざるを得まへん。
従って、「オノレを採用することでのメリットと、安全性(今回の転職では、長期でしっかり働くちう決意をしとる旨」を十分に伝えることが必要になると思うで。
人間ちうのは、そもそもが「一貫性」のある人を重視する傾向にあるのもその要素のひとつかもしれまへん。
やので、転職する時に限りまっけど、業界も職種も変更する場合は、十分に考えて結論を出すのが必要かと思われまんねん。
posted by 管理人 at 17:39 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「転職フェア」には、こないなメリットがある!


「転職フェア」では、色々な人材関連企業が主催していて、内容やスタイルはそれぞれの企業によってさまざまやけどアンタ、ほとんどの場合「フェア会場内に複数社の企業ブースを出展し、来場者と直接対話する」ちう形式をとっていまんねんわ。
では、転職フェアに参加することでどういったメリットがあるのでっしゃろか。

●企業と対等な立場で、聞きたいことを質問できる
「応募するのはまだちーとばかし……やけど、企業の人と話はしてみたい」ちうことがあるんやよね。
転職フェアでは、企業に応募する前に企業担当者と話すことができる絶好の機会や。
「面接」になると、「試されとる」ちう感覚に陥り緊張してしまい、聞きたいことも聞けへんまんまちうことがあるんやが、転職フェアならオノレの知りたいことを質問できるでっしゃろ。

●企業サイトや広告ではわかりまへん企業の「雰囲気」をつかむことができる
企業ブースで会話をする相手が、必ずしも人事担当者とは限りまへん。
現場の担当者で、入社後にオノレと一緒に働く人であり、その企業の生の声を聞くことが出来る場合もあるんや。
職場の雰囲気や企業風土やらなんやらは、「理屈ではおまへん何ぞ」を感じとることができまんねん。

●1日の間にたくはんの企業を見ることができる
転職フェアの会場には、数十社、多い場合には数百社の企業が一堂にあつまるんや。
色々な企業の情報収集の効率がどエライええのは言うまでもおまへんね。
また、オノレが話を聞きたい企業ブースでの話を終了した後、たまたま立ち寄った企業の担当者と意気投合してなんて、思いがけへん「運命的な出会い」を果たすかもしれまへん。

フェアに参加した人の感想として「たくはんの企業と話すうちに、オノレの考え方や進みたい道も整理できてきた」ちう声があるんや。
フェアは、情報収集の場だけではなく、「自己分析」をする一手段としても活用できそうや。
posted by 管理人 at 17:39 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職フェアの活用法

転職フェアでのメリットとは、たくはんの企業担当者と会い、たくはんの話を聞くことができるだけではおまへん。
●書類上では、ハンデがある人でも「人物」をアピールできる機会である
オノレが希望しとる企業で求めとる条件に対し、オノレは「経験年数が浅い」や「技術が未熟」、「分野が異なる」やらなんやら、書類選考では通過するのがややこしい人の場合、企業担当者に直接会える転職フェアは、オノレの「人物面」をアピールする機会にもなりえるのや。
経験や技術よりも「人当たりの良さ」や「誠実さ」、「素直さ」、「コミュニケーション力」があるやらなんやらを重視する企業もたくはんあるんや。
転職フェアで行われる面談は「面接」や「選考」ちうわけではおまへんが、この機会でええ印象を残すことができれば、後日その会社に応募した際、書類選考の通過する確率が高まるかもしれまへん。

●キャリアカウンセリングを受講できたり、転職ノウハウを教えてくれるコーナーもあるんや
転職フェアの会場には、求人企業のブースの他にも、キャリアコンサルタントやらなんやらに相談することのできるコーナーが設置させとることもあるんや。
「職務経歴書の書き方」や「面接対策」やらなんやらの転職に関するノウハウを学ぶこともできまんねん。
フェアに行ったら、ぜひ活用してみてはいかがでっしゃろ。

●来場者たちの姿を見て刺激を受けて、「仲間」を作ることができる
当然のことなのやけどアンタ、転職フェアに訪れるのは、求人企業だけでなく、転職を考えとるたくはんの人も集まるんや。
キャリアアップをしたいのやけど、新しいことへ挑戦したいのに、どうもオノレの意思が弱くて行動へと移すことがでけへん。
せやけどダンさんこないなオノレをどうしても変えたい……やらなんやらの考えをもっとる人は、フェアに来とる他の来場者たちの姿を見て刺激を受け、モチベーションが上がるのではおまへんでっしゃろか。
企業ブースで順番待ちの時や休憩コーナーやらなんやらで他の来場者達に声をかけて「転職活動仲間」を作ることができるはずや。
posted by 管理人 at 17:39 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職でのシッパイ

今、働いとる会社を退社して新しい会社に就職する、せやなかったら新しい仕事を始めてみる----。
転職の理由としては、会社の経営方針や給与の額やらなんやらの勤務条件からくる不満ちう人は少なくおまへんが、それと割合が同じくらいで多いのが、「仕事にやりがいを持てへん」や「オノレの能力を十分に発揮でけへん」、「オノレの適性や専門性を生かせへん」やらなんやら、仕事とオノレの能力や適性や志向との相違間や。
どのような理由であっても、新しい会社で勤務し、新しい仕事に就くことにより、それまでのオノレの不満足やった部分が解消されればええのやけどアンタ、現実では、再就職を果たしたが、転職先で前の会社同様な悩みを抱き、また同じ理由によって転職してしまう人は少なくおまへん。
このようなシッパイの理由の1つには、転職先の仕事や会社に関する情報収集や研究が不足しとったためや。
会社の経営方針や給与体系やらなんやらは、求人情報やインターネットのホームページ上の会社案内やらなんやらから比較的簡単に情報を入手することができまんねんし、分かりまへん点は面接時に確認することもできまんねん。
せやけどダンさんなから、なまじ社会経験があるために、オノレの持っとる知識やイメージが先行してしまい、せっかくある情報を生かすことがでけへんまんま、転職先を選んでしてしまっとるのではおまへんでっしゃろか。
転職をシッパイするもう1つの理由は、オノレ自身の分析でオノレ自身を見つめ直すことをしておらへんことが挙げられまんねん。
仕事とは、オノレにとって何なのか。
オノレにはどのような能力がどのくらい備わっとるのか。
オノレはどのような働き方をしたいと思っとるのか。
将来的にオノレはどうありたいと思うのかやらなんやら、オノレと仕事との関わりについて、はっきりと指針を持つことができれば、オノレのある能力とかけ離れた仕事を目指してしもたり、志向が合いまへん仕事に就いてしもたりすることはないはずや。
posted by 管理人 at 17:39 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。